商品紹介

保阪流×オーマイ ぱすたパン

沸かす! 茹でる! 湯きり! 和える! 炒める! がこれ1台! パスタメーカーの「日本製粉」と「保阪尚希」が、パスタを調理するときの不満を解消!ご家庭でもっと手軽にパスタ調理を楽しんでいただけるよう「湯きり達人 パスタ楽らくパン」が誕生しました。

 

アンケートによるパスタ調理の不満例

 

 

ぱすたパン仕様

 

沸かす⇒茹でる⇒湯きり⇒和える・炒めるがこれ1台まかなえ、しかも後片付けも簡単です。もろんIH対応で熱源も選びません。

 

 

便利な目盛り付き 蓋のどこからでも湯きりが可能 シリコンタッチハンドル
ふきこぼれ、やけどの恐れがありますので、水の分量は、パスタ100gにつき水1Lが目安で、2Lを超える水は入れないでください。 補助に把手が熱くなりますので、ミトン等をご利用ください。湯きりの際の傾けすぎにご注意ください。蓋が落下する恐れがあります。

すべりにくい材質を使用しているので使い安く、落下や極度の傾きを防ぎ、危険を回避できる安全なハンドルです。

 

基本的な使い方 沸かす! 茹でる! 湯きり! 和える! アイデア次第で使い方いろいろ。基本の使い方を参考に、パスタクッキングをお楽しみください。

 

保阪流ぱすたパンおすすめレシピ

とろーりチーズのトマトスープバスタ ◎材料(2人前)

◎作り方

  1. アサリは砂抜きしておく
  2. 楽らくパンに水を入れ沸騰したら、塩とパスタを入れ規定の茹で時間の3分前になったら、トマトジュース、えび、アサリを入れ、規定の時間まで茹で湯きりする。
  3. 1にシュレッドチーズを絡め、ブラックペッパーをふりいれる。
  4. 器に盛りつけ、粉チーズ、バジルを乗せてできあがり。
    ※有塩のトマトジュースを使用する場合は、塩加減に注意する。
キャベツと明太子のパスタ ◎材料(2人前)

◎作り方

  1. .キャベツは2〜3cmのざく切りにし、ほぐした明太子をマヨネーズと混ぜソースを作っておく
  2. 楽らくパンに水を入れ沸騰したら、パスタを入れ規定の茹で時間の2分前になったら、きゃべつとチキンブイヨンを入れ、規定の時間まで茹で湯きりする。
  3. 2にオリーブオイルを入れ、1のソースを混ぜ合わせる。
  4. 全体に味がなじんだら、器に盛りつけ、刻みのりをちらしてできあがり。

湯きり達人ぱすたパン商品詳細

湯きり達人パスタ楽らくパン
【内容】 本体、ぱすたパン専用蓋、「保阪流」×「オーマイ」ぱすたパンレシピブック (取扱説明書付き)
【表面加工】 内 面/ふっ素樹脂塗膜加工
外 面/底面を除く)シリコン焼付け塗装
【材料の種類】

本体/アルミニウム合金 
はり底/ステンレス鋼(クロム18%){底の厚さ2.7mm(はり底を含む)
ハンドル/フェノール樹脂 
補助把手/シリコンゴム 
<蓋>
品名/ 強化ガラス製器具
強化の種類/ 全面物理強化

【サイズ】 28cm
【満水容量】 4.0L

お手入れ方法

  • ふっ素樹脂を傷つけますので洗う際は、金タワシ・研磨剤・アルカリ性洗剤の使用は避けてください。
  • 使用後は食器用中性洗剤を付けて柔らかいスポンジで洗い、水気を拭き取ってよく乾燥させてください。
  • 食器洗浄機などでは洗浄しないでください。製品の破損やサビの発生原因になります。
  • こげつきなどを落とす場合はナイフや傷つけやすいものを使用しないでください。熱湯に浸してこげつきを柔らかくしてから取り除いてください。
  • 金属製ヘラは表面のふっ素樹脂被膜を傷めますので使用しないでください。「金属ヘラ対応」の製品で金属製器具をご使用になる際は、角の丸いなめらかなものをご使用ください。
  • ふっ素樹脂被膜を長持ちさせるため火力は中火以下でご使用ください。
  • 手の届きにくい高所には保管しないでください。取り出し時に落下する危険があります。
  • 塩分や酸等を含んだ汚れを付着したまま放置したり、湿気の多い場所での保管はしないでください。腐食の発生原因になります。

 【ガラス蓋について】本品は強化ガラスですが、割れ防止の為、次の点に注意してください。

  • 調理の際は、外滴をぬぐい、途中で差し水をする時は冷水の使用を避け、またガラスの部分が熱くなっている時は濡れた所に置いたりしないでください。
  • 強い衝撃を与えたり、直接火にかけないでください。
  • 万一、破損した場合、破片は粉々となって激しく飛び散る場合があります。
  • 傷などが原因で不意に破損する恐れがあるので、金タワシ、研磨剤などの使用を避けてください。
  • 蓋として本来の用途以外には使用しないでください。
  • 落とし蓋として使用しないでください。
  • 蓋が熱い状態で平らな面へ右図のように置いたときには、平面とガラスに密封された空気の圧縮により、ガラスが割れてしまう場合があります。

 

保阪尚輝中学生の頃、料理に目覚めたことがきっかけとなり、イタリアをはじめ、世界各国の料理を食べ歩き、研究を重ね、自らのレシピ考案にも役立てています。パスタは好物で、また自分の得意料理でもあるので、自宅でも良く作ります。
しかしパスタは、お湯を大量に沸かして面を茹で、ざるにあけ、プライパンで炒めて、とにかく手間がかかり、様々な調理器具が必要なため、洗い物も増えます。この手間をどうにか省けないかと日々考えていました。
そこで日本製粉との共同作業により、試行錯誤を重ねた末に完成した商品が、この「湯きり達人 パスタ楽らくパン」です。
沸かす、茹でる、湯きり、和える、炒める、といったパスタを作るためのすべてお工程をこれ1台でまかなえ、後片付けも楽らく。フライパンとしての基本性能にもこだわっています。

 

 

ラ・クッカー 山型パン&ワッフル 匠庖丁
 
保阪流 トップ